spacer

トロフィー.COM

為になる情報載せてます。

贈呈用トロフィーを検討するポイント

地域の自治会で開催するスポーツ大会では、種目によっては競技形式にして、優勝を決めるようにすると、スポーツ大会が盛り上がります。さらには優勝チームに贈呈用トロフィーを贈るようにすると良いでしょう。優勝、準優勝、とランクをつけて表彰するのも盛り上がります。トロフィーの取り扱いは、徽章店で行っています。もしも地域に根ざしている徽章店があるのであれば、そちらに依頼する事で、より密接な関係の構築にも役立てられます。徽章店で取り扱っているトロフィーには、何種類かあると思いますので、その徽章店ならではのオススメのトロフィーを見せてもらって判断するのが良いと思います。地域のスポーツ大会を開催する事で、地域住民同士のコミュニケーションが円滑化します。贈呈用の品としては、トロフィーだけではなくて、メダルなどもあると思いますので、どのような競技なのか、あるいは参加人数がどれくらいなのかといった、規模でサイズや色を決めると良いでしょう。贈呈式もスポーツ大会の盛り上がりには、欠かせません。地域の自治会長や防犯係担当役員などが表彰を取り仕切る事になると思いますが、スポーツ大会を恒例化する場合には、スポーツ役員を定めてみるのも良いと思います。

心からの賞賛を込めてトロフィーを贈ろう

トロフィーほど分かりやすい成功の象徴はない。アカデミー賞、ワールドカップ、F-1など、感動の瞬間を切り取る映像は必ずトロフィーと共にある。最近は少なくなったように思うが、かつては応接間があるようなお宅にお邪魔すると、飾り棚にトロフィーが置いてあり、それが話題の糸口になったものである。一般家庭にあるトロフィーといえば、会社のゴルフコンペの賞品、将棋、柔道などが思い浮かぶ。昨今は以前ほど、一般の趣味分野でトロフィーが贈られなくなっているのではないかと思う。趣味の細分化により大掛かりな大会に個人レベルで出場するような機会がなくなったり、会社などでも大規模なゴルフコンペなどをするような余裕がなくなったせいではないかと思う。また、かつては子どものスポーツ大会などでも賞品はトロフィーだったが、最近は賞状などが増えているように思う。メダルや賞状なら安価で場所も取らず、手軽かもしれない。しかし、優勝の昂揚感を高めるための小道具としては、やはりトロフィーに適うものはない。大なり小なりの大会を企画する人には、ぜひトロフィーを優勝者に贈って欲しいと思う。そのことが大会を盛り上げる最大の効果を挙げることは間違いないのだから。

<