spacer

トロフィー.COM

為になる情報載せてます。

多くの該当者がいるなら小さいトロフィー

陸上のレースなどにおいては、見た目に同着という場合があります。タイムを見てみても同じ数字が並んでいます。ではこのまま同着で両者が表彰されるかですが、そうはならないことが多いです。何とかして順位を付けようということです。それくらい1位か2位かというのは大事だからです。このときには、写真であったり、ビデオなどを利用するということです。それを見て、非常に細かいところまで見るということです。ですから同じタイムでありながら2位に甘んじるということもあります。これから先もずっと2位といわれ続けるのですから、優勝者とは大きく差がありそうです。この悔しさをばねに、次の大会で優勝しようという気持ちが必要になります。必ず優勝者や1位を決めるという場合もありますが、そうならないこともあります。


何かの試験において、100点満点で100点を取った人に賞を渡すということがあります。なかなか100点が出ないということもありますが、多くの人が100点を取ることができるということもあります。こういったときは、写真判定などをすることはできません。数字として100点なのですから、優劣をつけることができないことになります。すべての人が100点ということで処理をされることになるでしょう。そういうことが通例という場合には、最初からある程度用意をされているということになります。1人しか出さないという場合でしたら、ひとつしか用意されていないということになります。このとき、形になるものがあるとうれしいものです。多くの人が取っているとはいえ、自分もその1人ということです。


そこで、こういった場合においては、小さいトロフィーが授与されることがあります。小さくても、形は一般のものと変わりありません。当日において表彰がされるという場合は、仮のものが手渡されることになりますが、後日に、きちんと名前が入ったものを渡してもらうことができます。ですから、良い記念にもなるということです。毎回受けているという人であれば、毎年それを受けることができるようにがんばることができるということです。小さいものにおいても、素材に重いものが使われている場合は、重量感があります。ガラスなどでできている場合は、小さくても重みがありますから、もらったときの印象がよいということがあります。そのほか、銅でできているものなども重みがありますから、もらった価値は他のものと比べても大きいということです。

<