spacer

トロフィー.COM

為になる情報載せてます。

トロフィーは展示されていますから、見てください。

野球のトロフィーはといえば、個人に贈られるのもありますし、チャンピオンチームにも送られています。自分達が握ったら誰にも渡したくないでしょう。オークションなどにも欠ける理由もありません。生活を掛けているという次元の話にもなりません。これを売って何になるのかという疑問は常に持っています。やはり生活するという目的で、トロフィーは売却するなどやってはいけません。その人の勝者の証なのです。野球のトロフィーは展示会にも掲げられています。


そしてそれに一体どういった思いを抱くでしょうか?自分が勝者という意識、一生の宝物にしなくてはいけません。人間として常識を備えておきたいですから、野球のトロフィーは一生誰の目にも焼付かれています。例えば、野球のトロフィーは東京ドーム内にある野球博物館に眠っているように見えます。自分達でしっかりと把握する事から始まります。色んな人にも見て貰いたい、そんな気持ちは持っていますし、あるチームによっては球場に年代チャンピオンの証でもある旗、フラッグを掲げています。やはり栄冠を味わうのと同時に、選手もファンも同じ気持ちへと向いていく事になると思います。そこから生きる道が広がる気がします。トロフィーは博物館などに展示されていますから、それを公に見せるのは一定期間だと思っています。それは約束です。盗まれないようにしっかりと自己管理は心掛けます。野球チームはトロフィーが証になります。それによって影響を受けて誰もが欲しいという気持ちも強くなる一方です。野球チームはトロフィーを掲げていますが、年度チャンピオンの分だけではありません。日本代表として世界一決定戦にも勝利した過去があります。


そしてその時代のトロフィーもあれば、写真もあります。誰もがふれにくい物だと認識しています。やはり手袋しているのを見ると、誰もが大事なんだと認識しています。世界大会に勝利するのは誰もが念願ですが、不定期に行われるので、仕方がない事だと思っています。トロフィーは一生懸命頑張って手にするというのは、汗を垂らして、死ぬほど練習した結晶、結果がトロフィー獲得という栄誉にも繋がりました。自分達が年間チャンピオンになれば、チャンピオンフラッグとトロフィーを手にする事が出来ます。それは自分達で出来る事が出来る目標です。個人賞にも製造されています。自宅で保管されている事が殆どです。野球博物館で飾られている、なかなかありません。

<